2006年09月20日

講演会の感想、7号編集始まる

こんにちは、Qさんに代わって7号の編集長をやらせていただくことになったm_mでございます。
先日の土曜、大阪にて行われた『関西の三奇人 ふたたび 安藤忠雄×毛綱モン太(遺影)×渡辺豊和』(ホスト:高口恭行長老、於:一心寺日想殿)という講演会が行われ、その場を借りて京都げのむの販売を行わせていただきました。講演会の第二部では運営委員長が15分ほど京都CDLの活動紹介を行いました。会場には300名以上の観客が集まり、熱気溢れる、慌しい雰囲気の中で会は進行したましたが、「げのむ」を1号から6号まで買い占めていって下さるお客さんも数人いて、新たな「京都げのむファン」を獲得できたのではないでしょうか。このような広報&販促活動の場を設けていただいた主催者の方々には本当に感謝です。

この講演会はそもそも『文象先生のころ 毛綱モンちゃんのころ—山口文象 毛綱モン太 覚え書』(著者 渡辺豊和 、編集出版組織体アセテート 2006年8月)という本の出版記念企画だったらしく、本の内容と併せ、講演会の内容も興味深いものだった。
ル・コルビュジエ〜前川國男〜丹下健三(〜磯崎新)という師弟関係は日本における近代建築の系譜として常識だが、W.グロピウス〜山口文象〜渡辺豊和(とその盟友・毛綱モン太)という系譜を知る人は意外と少ない。そういった知られざる関西の建築運動を掘り起こし、日本のモダニズムとは何だったのか、東京中心で展開されてきた近代建築の価値感を相対化することがこの本の主題と受け止めていいだろう。


seisaku.jpg

yosisaka.jpg

講演会の中で特に印象に残ったのは、講演者の渡辺豊和氏が紹介し、日本近代建築の最高傑作と評した山口文象(RIA)の作品、「新制作座文化センター」(八王子、1963)(写真右)だった。傾斜地に建つ劇団のための施設で、雁行する宿舎、傾斜面を利用した自然的な階段、壁面を大きく取り開口部が少ない建物など、日本の伝統的な集落や土蔵を思わせる全体構成で、上記の本のなかで渡辺氏はこれを「近代主義の土俗・ヴァナキュラー化」と呼んでいる。私は不覚にもこの建築を全く知らなかったし、一般的にもあまり有名でないと思う。そもそも、RIAの作品評で「土俗」という言葉が出てくるのは意外だった。RIAの作品で一番有名なのは間違いなく「黒部川第二発電所・ダム(1938)」で、山口文象と言えば生粋の機能主義の建築家というイメージが強かったからだ。また、集落的な構成の施設と言えば、同じ八王子にある吉阪隆正(+U研究室)による大学セミナーハウス(写真左)のほうが有名なのではないだろうか(こちらも傾斜地に建ち、中心となる交流施設を弧状に宿舎ユニット群が取り巻く構成である)。
このRIAの作品の面白いところは、コンセプトとしての「集落」はあくまでRIA的な形態ヴォキャブラリー(プロポーション、開口の取り方、ディティール)により表現され、「土俗性」は極度に抽象化されて機能を帯びているところだろう。そのため一見してこの建築を「集落的」と感じるひとは少ないのではないだろうか。建築に求められるのは「土俗性か近代性か」、言い換えれば「地域性か普遍性か」「多様性か純粋性か」という、ややもすると二項対立的とも受け止められる問いに対する答えがここにあるのかもしれない、と思った。

かなり長くなってしまったが、つい先日編集がスタートした「げのむ」7号の特集テーマは「地区型住宅構想2007(仮)」である。かつて京都大学の西山卯三氏は機能主義に偏向した丹下健三の東京計画1960批判として、具体的な空間イメージを伴ったマニフェストとしての「構想力」なる職能の必要性を説いた。21世紀の現在、そんなものが求められるのかどうか不明だが、建築界を取り巻く状況に聞こえのいいだけの言葉によるマニフェストが蔓延してはいないだろうか。「地区」や「住宅」という都市と建築の最小単位を通して、京都という都市に具体的な空間イメージを「構想」すること。7号は終わりではなく、そのささやかな第一歩としたい。








posted by cdl at 19:29| Comment(1) | TrackBack(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地区ビデオ06作品募集始まります。

tikuvideo062.jpg

 こんにちは。ようやく天候も秋らしくなってきました。空の色や朝夕の涼やかさが、それを伝えてくれてます。

 さて、秋といえばCDL企画の超本番な季節です。今回は、そんな企画のうち、せっかく秋のお話をしたのにもかかわらず、12月9日に開催される京都地区ビデオコンテストの作品募集開始のお知らせをいたします。

 そう、開催は真冬ではありますが、この時期からの作品募集告知ですので、結局作品は秋の地区風景が、さまざまに展開されるものとなるのです。

 さて、今年度のテーマですが「京都遊歩者2006-見慣れたまちを見知らぬように-」です。あれっ?昨年と違うのは「2006」ってついただけじゃないですか?ひょっとして単なる手抜き?

 断じて違います。昨年も書き記しましたが、このテーマは、W.ベンヤミンが「都市の遊歩者」のなかで「見知らぬ町を見慣れた町のように見る。見慣れた町を見知らぬ町のように見る」と書き綴ったことにヒントを得たもので、このような都市に向けた視線の在り方の普遍性と、その可能性に期待したものです。

 そして、昨年このテーマのもと、たいへん魅力ある地区風景のあぶり出しが提示されこれまでの地区ビデオ以上に大きな手ごたえを得ました。それと同時に、このテーマは地区ビデオが常に目指すべきものであり、かつもっともっと突き詰めて深めていくべきテーマだと痛感もしました。

 実際、着眼はよいのにそこから迫ってくるものの描写までは至らなかったり、不馴れから描写そのものが稚拙であったり、、、などなど、惜しい作品が非常に多かったのです。

 というわけで、敢えて今回も同じテーマで出題としたわけです。

 僕も密かに(?)昨年までで5つのビデオを作成していますが、なかなか思うところまで到達できません。ここ数年はあまり見られなくなった「ストーリーもの」の地区ビデオをずっと個人的なテーマにしてやっているのですがこれが難しい。「ストーリーもの」が地区ビデオとなるには、役者たちが形成する物語りが、前面で繰り広げられ、あたかもそれが主のように見えているのに、実は背景にある風景こそが迫ってくる必要があります。物語りが空疎すぎると、その意図がすぐにばれてしまい、ビデオとして魅力がなくなります。かといって物語りに重きをおきすぎると、風景は単なる背景のままです。簡単そうでなかなかに悩ましいのです。

 これは「ストーリーもの」のお話ですが、「風景描写」ビデオでも、いろいろな難しさがあります。単なる撮影だと見慣れたものが見慣れたままだし、変に編集技法に凝ると、ビデオ技術の展覧みたいになって結局、何も迫らないし。

 とういわけで、今回6回目を迎える地区ビデオなのですが、なかなか「これだ!!」というものを作れないし、出会えません。ただ、ひとつ言えることは地区の「ロケ」に力を注ぎ込むことが絶対的に必要不可欠であることは間違いありません。編集する前に、いかに風景と対峙するか。これこそがどのジャンルであっても地区ビデオが成立する原点となるのは間違いないでしょう。

 正式な告知は、もうすぐホームページ最新情報でアップされます。いろいろ制作に関しての難しさはありますが、とにかく楽しいこの企画、作っても見ても本当に面白いのです。みなさん、是非是非、応募してください。お待ちしております。

posted by zukan at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

小京都の迷走町家図鑑-最終回-

 少し間があいてしまいましたが、いよいよ最終回です。前回は応用編ということで、よくも悪くも創意工夫の見られた町家を紹介しました。

 最終回は、角館の町家の今後の行方を考えてみる、そんな回にしようかと思います。

 では恒例のおさらいです。角館町家の典型的特徴三ヶ条です。

1、切妻屋根
2、妻入り(ちなみに京都は平入り)
3、前面にとりつく片流れの下屋(冬場のアーケードになり「こもせ」という)

 思い出してもらえたでしょうか?今回の典型例は故人(なんじゃそりゃ)です。

sincho.jpg

 これは有名な新潮社の創始者生家です。残念ながら今はありません。ここで注目してもらいたいのが前面の下屋です。完全にアーケード化して左右へどんどん伸びてるのがわかります。これこそ「こもせ」という冬場アーケードの本来の在り方を示す貴重なお写真です。それにしても角館の町家は2階部分の「建ち」が妙に高いのが気にかかります(要はえらく寸胴で短足)。

 さてお次ぎはこれ。

goike.jpg

 平家だけど、すっごく豪邸です。そう、これは角館町家の中で最も有名な「五井家」です。こんな立派なものを何故、今になって紹介するんだということですが、実はこの家、僕が曵家した町家と同じ通りに面しているために「軒切り」しなきゃならない運命となり、ほん最近その工事が完了したところです。「軒切り」とは文字通り建物の軒をあるラインでズバッと切断した後、形を整える方法です。今回のような緊急事態に対する処置として「曵家」と「軒切り」は2大対処法といえます。

 それはそうと角館の町家が寸胴短足な理由は、町家の元来の型である平家を、そのプロポーションのまま変更せず2階に持ち上げて、その下部に何らの調整なく下屋をつけた結果なのではと推測できます。プロポーション調整せず、そのまま上にあげてしまうなんて、さすが東北。太っ腹(?)

 ではここから今回の本題です。先に前面道路拡幅という事態に対して「曵家」と「軒切り」という対処法と、その具体例を示しました。では、今回の拡幅工事に際して、この通りに面する全ての家が、その二つの方法で対処したのでしょうか?いきなりですが回答を言うと「ノー」です。例にあげた二軒以外は全て解体、新築しました。

 「新築ってどんなの建てたのだろう?」ほらほら興味がつきません。それでは、新築さんを見ていきたいと思います。

machiya-fu.jpg

 手始めにこんなやつ。下屋が変則的(下屋というよりは1階寄せ棟に2階がつくという感じ)ではありますが、なんとか三箇条に近いものとなってます。切り妻部分も真壁やし、、、うーん何だか変。そりゃそのはず、この真壁は見せかけであとでそれらしく張り付けた単なる外装なのです。力を受けない梁型には、当たり前ですが部材の力動感ゼロです。仕方ないけど哀しい。

rikuyane-machiya.jpg

 お次はこれ。「要するに真壁っぽくしてたら町家的で、景観っぽいやろ。文句あんのか(東北弁に変換してください)」という迫力を感じてしまいます。なにがおかしゅうて豪雪地帯に陸屋根採用するのかわからないですが、おそらくはモダンへの憧れでしょう。憧れのモダンって何?って感じですがまああまりそこにはつっこまないでおきましょう。しかし箱型だけでは落ち着かないのか下方に「切り妻町家型」がぺったり。今後はこんなのが主流になるのかしれません(やめて欲しい)。

ironomi-kura.jpg

 次はこれ。「モダンやるなら抽象度アップと平滑にいかなきゃ」というクールな感じのもの。でも色だけは何だか町家的です。「いろのみ町家」と名付けましょう。今後はこんなのが一世を風靡するのかもしれません(すごくやめて欲しい)。

ironomi-machiya.jpg

 そしてこれ。よりモダン。でも隅部の縁取りがちょっぴり町家的です。「隅だけモダン」と名付けましょう。今後はこんなのが町をすべて埋めてしまうのかもしれません(頼むからやめて欲しい)。

universal.jpg

 最後はこれです。「どこにでもある普通の家やん」って感じです。というか、「感じ」ではなく本当に日本全国どこでもある住宅です。そう、「どうせ町家で在り続けられないなら、偽装しても仕方ないやん」というごもっともな意見が聞こえてきそうです。ほとんどゲームと化した町家偽装に疲れたのか、この手の住宅が少しずつ増えてきています。このタイプの家こそ、日本国内では本当にどこにでも建つ「ユニバーサルな戸建て住宅」です。見た目とかではなく、その「ユニバーサル」な意味においては、これこそがわが国のモダニズム様式なのかもしれません。「どこであっても等しく展開可能な均質な建築」だからです。

 さて、最終回というのとは別な意味で少し寂しい気持ちになっちゃいましたね。回の構成ミスかもしれません。すみません。

 ただ、ある「型」が惰性になってしまい、そのうち「型」への意識が表面への意識に転じ、最終的に「色あわせゲーム」と化していくのは、小京都だけでなく、京都自体、そして多くの他の都市でも見られる問題です。

 家に住み、家ととも都市に在り、とても個人的なよろこびに満ちているのに、新たな都市空間を誘導し、新たな「型」生み出すような家。そんな家が在る風景を強く願いますが、それを獲得するのはそんな簡単なことではないようです。迷走する角館の町家図鑑を作成してそんなことを想ってます。

 では、これにておしまい。またいつか、どこかで、御会いできたら嬉しいです(っていうかどっかにいくんかい。ちゃんとCDLの仕事しろよ!独りで自戒)。

posted by zukan at 20:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

小京都の迷走町家図鑑02

こんにちは/おはようございます/こんばんは。(←時間に応じて適宜選択してください)さて、頼まれてもいないのですが、「小京都の迷走町家図鑑」早速、第2段を御報告します。

 まずはおさらいとして、角館町家の典型的特徴三ヶ条から。

1、切妻屋根
2、妻入り(ちなみに京都は平入り)
3、前面にとりつく片流れの下屋(冬場のアーケードになり「こもせ」という)

 では、この典型例で、前回紹介したものと違ったやつを下に示します。

jyunsui-machiya2.jpg

 これもかろうじて見つけた典型町家のうちのひとつです。しかもこれは空家ではなくバリバリの現役です。頼もしい限りです。

 さて、これでじゅうぶんおさらいできたので今回の本題に入りたいと思います。第2回目ということで、今回は応用編(?)です。

modern+machiyageya.jpg

 前回、モダン町家を紹介しましたが、上のものはコンクリートモダン部分の主張を限り無くおさえて、あたかも「単なる壁」のごときに振る舞っています。その下部には町家型のサイン、すなわち「木造真壁で切妻」な下屋をぺったり張り付けてます。これなら後ろのコンクリートに気付かず、平家の純粋な町家として、じゅうぶん、、、全然通用しません。すごく気付きます。後ろのコンクリート部分。

3ren-chyuomachiya.jpg

 さて、お次はこちら。おおっ!また典型的な町家発見か!「木造真壁の切妻に片流れの下屋」ばっちり。しかしその両側隣をよく見ると、、。実はこれ平入の3軒長家のまん中だけが当地の町家型になっているとっても奇妙な代物なんです。切妻が先か、平入の長家が先か、う〜ん。切妻三連長家は無理やしなあ、、。

chokkaku-kirizuma.jpg

 「平入の助けを借りるなんざ言語道断だぜ」的なやつが上。なんと短辺方向の切妻だけでなく、側面全面にも強引に切妻を張り付けてあり、しかも片流れの下屋までつくっちゃってます。直角両面切妻野郎!!恐るべしです。

koseimukidasi.jpg

 普通にいけば棟で折れ曲がり穏当な平入の家になるはずなのに、鋭角的、雪崩的に折れ曲がる真っ赤な鉄板がズドーン。真っ赤な鉄板!ああなんて情熱的、、。でもすごくかっこわるい。個性が全速力で空振りした感じ。でも
片流れの下屋がなんだか真面目で憎めない。

 sekizo-machiya.jpg

 同じ個性派でも、こいつはすごい。完全な石造建築で母屋を構成。
造形的な観点からいうと「切妻妻入」とは、建築個体の強さを正面性に託して表明するものです。逆に「切妻平入」は周囲との連続性と、それによる水平的な風景を目指すもの。妻入の出雲大社と平入の伊勢神宮を思い浮かべたら納得できると思います。その観点から見るとこの町家は妻入という正面性の強さを石造形で見事に表明しているといえます。石で忠実に木造の切妻型を模造しても意味ないですが、石ならではの造形で個性溢れる強い正面性を形成することは逆に当地の造形感覚にフィットするように思われます。本当にお見事!しかもちゃんと片流れの下屋もよい感じでついてるし。

 というわけで、第2段はここらへんでおしまいにしたいと思います。次回は早くも(早くないよ、いい加減おわってくれ!という怒声は無視して)最終回です。近々アップしますので、また御覧いただけたら幸いです。では、また。
posted by zukan at 18:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

小京都の迷走町家図鑑01

 どうも御無沙汰しております。長い長い間、記事の更新のない時期が続きましたが、そろそろ再開です。だって、もうすぐ秋になっちゃいますし。

 久々の記事は、当然、京都のなにがしかの記事でいくのが定石だとは思いますが、夏休みの報告も兼ねて、遠いところのお話をひとつ。

 だいぶ前の記事にも書きましたが、僕にも深い縁のある秋田県角館町という小京都があります。その目玉商品ともいえる武家屋敷まわりはとっても綺麗なのですが、日常の住まいがある町人街(外町)はいまやボロボロです。かつては雪国の町家に相応しい明確な「型」をどの家も有していたわけですが、さて現在はというと、、、。

 というわけで、先日、僕が角館に探訪した際に、彼の地にたたずむ数々の町家(現役、元、偽装、変型、、、など含む)の写真を納めてまいりました。並べてみると、これが結構面白い。そこで、今回から数回にわたって北国の迷走する町家状況を紹介したいと思います。

seika.jpg

 まずは、典型的なやつ。これは昨年、僕が曵家+増築した親父の生家で、手前に見えるのが築100年の2階建て町家です。簡単にいうと角館町家の特徴は、
1、切妻屋根
2、妻入り(ちなみに京都は平入り)
3、前面にとりつく片流れの下屋(冬場のアーケードになり「こもせ」という)
の3つといえましょう。しかし、現在はこのような典型的な町家はほとんど残存しません。

jyunsui.jpg

 町中を歩きまわって、どうにか5軒くらい見つけた典型町家のうちのひとつがこれです。あって良かったぜ!!と、狂喜乱舞したいところですが、どうも空家くさく、その命も風前の灯っぽい雰囲気が濃厚。正直やばいです。

shinkenzai.jpg

 さて、最も目につくのは、上のようなタイプ。要するに町家の特徴3ヶ条は満たしているものの、外壁は真壁ではなくトタンをはったり、モルタルで固めたりしたもの。防火などでやむをえずこうなるのでしょうが、正直やぼったく、あんまり町家には見えません。

modern.jpg

 なら、いっそモダンで勝負!といったのが上のこちら。箱型金属版ばりでにぶい光沢が、素敵。でもどんだけモダンでも、片流れの下屋は忘れないこの郷土愛!ああ。

kaizo.jpg

 なんだかわからないけど、改造をくりかえしたら、こんなんなっちゃったのがこれ。商品と外装が絢爛豪華に家を盛りたてます。個人的には結構好き。

 と、まずはさわりはこんなところで。まだまだ、いろんな種類ありますが、すこしずつ紹介したいと思います。「えぇ-まだひっぱるんかい」という怒声が響き渡るのがこちらまで届きそうなのではありますが、懲りずにおつきあい願えたら幸いです。京都の記事も復活させますんで。
posted by zukan at 14:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。