2005年12月13日

ひとりぽっちじゃないけれど。

12月10日のビデオコンテスト開催のためその日は午前から準備があった。観光客でいっぱいのバスにゆられ「もう人手足りてたら正直ショック」と思いつつ少し遅れて若杉荘にたどり着いた。着いてみるとやる事はまだ残っていて資料を本にする作業をした。相変わらず「作業風景を撮らなきゃ」と思った私がカメラを出すと、その部屋にいたのが2人だけで…。(他の2人は別の作業)カメラを撮るには1人抜けないといけないわけで、一人っきりの部屋になってしまった。ビデオ上映のため荷物の無くなった部屋は引越し仕立てのよう。
IMG_0435.jpg
でも、広くなった若杉荘も人がぎゅうぎゅうになるほど集まってにぎやかな地区ビデオコンテストが出来てよかったです。
自分の作品主旨が読まれたときには「なんてばかなことを書いてしまったんだろう」と恥ずかしくて逃げたい気持ちでしたが、投票で自分のビデオに入れてくれた人がいたことがうれしくて、好感をもってくれた人がいたことに下手ですけど作ってよかったなと思いました。見てくれた人みんなに感謝の気持ちです。

今回のビデオコンテストでは初の京都CDLのCM上映が試みられた。上の写真も京都CDLの地区型特級建築士さんが撮ってくれたのだが、この写真を撮る数分前にCMの話が持ち上がったのだ。私が作業中にずいぶん前に話していたCMのことを思い出して「結局作らなかったですね。」といったのが事の発端、即日ビデオ制作をする事に…。手ぶれ知らずの名カメラマンが撮影・編集をして本当に出来上がってしまった。出来上がりを見てきれいさにびっくり、そして大爆笑でした。


posted by mittan at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンテスト当日に参加することができず、翌日に受賞作とCMだけみせてもらいました。
確かにCMの出来の良さに驚き、大爆笑させてもらいました。何度繰り返し観たことか。
コンテスト作品も面白く、自分も作りたいな、という気になりました。
来年は是非参加したいです。
Posted by hida at 2005年12月14日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。