2005年12月15日

立体上映って、何?

 先日行われた京都地区ビデオコンテストの会場は、CDLの今年からの拠点、若杉荘。外観は地味だけど、長屋の1軒。管理人が一人常駐しているようだが、CDLの主要な会議が開催される他はこれまで大々的に使用されたためしがない。ならばこの際に、と持ち上がったのが、京都地区ビデオコンテスト上映会の開催だ。

 出展作品は全18作品で、出展者の皆さんに上映会に来てもらおうとすれば、かなりの来場者が見込まれた。当初の我々の予想を裏切り、一時は若杉荘での開催が危ぶまれた。でも、言ったからにはやらなきゃかっこわるい。運営委員の知恵を振り絞って編み出されたのが、来てくれた皆さんはご存じ、不完全双方向システム導入型の立体上映会の開催である。

 一部屋最大8畳というウィークポイントを何とか克服しようと、1階と2階の二つの会場のスクリーンに同時上映をしようということになった。問題は、上映終了後の審査会で、上下に離れた二つの会場での意見のやり取りが必要ということだ。そこで、一方の1階会場の風景映像が2階会場のスクリーンに映し出され、かつ、家庭用電話の親機と子機を使うことで、何とか声だけはつながる、という不完全双方向システムが採用されたわけである。

 とはいっても、この中途半端なシステムのおかげが、若杉荘の中につながっているけどつながっていないという奇妙な感覚がおかしみを引き出し、会は大成功を収めた。最後は1階に全員が集結、会は無事終了した。あらためて、こんな大勢の人が若杉荘に来ていたんだ、と感じた瞬間だった。

tikuvideo05_fukei.jpg

 


posted by 丸子 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ぽちてっくてん」に酔う
Excerpt: 7日: 芸工大にて修士論文中間発表会。修論ほど、一つのことを考え、調べ、文章にすることにエネルギーを注げることは、多くの人にとってこの先そうある機会ではない。直接指導するわけではないが、頑張って欲しい..
Weblog: 神楽岡工作公司 > JOURNAL
Tracked: 2006-01-25 21:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。