2005年12月29日

みんなの故郷、若杉荘。

 12月27日、それはいつもと変わらぬ、単なる年末のある一日。僕は職場の大阪にいた。地下街で昼飯を何となく食べて、何となく外に出たら、ふと電話に気付く。

 2年前に就職して、今は新潟にいるCDLのOG、BBさんからだ。「新潟の雪はどうですか。今年はたいへんでしょう。お察しします。」なんていうじじいくさい会話を開始する準備が万全だったのだが、「大阪に帰ってきました。今日か明日、みんなと会えたらと思って、えっと今日がいいです。」という怒濤の旧ピッチいきなりアポイント攻撃を真正面から受けて、とにかく、新拠点:若杉荘の管理人、丸子さんに連絡。丸子さんはCDLスタート時からのメンバーなので当然、BBさんのことはよく知っている。「今日ですか?あっ、大丈夫です。お待ちしております。」ということで、まずはほっとひと安心。

 次に、昨年からのメンバーで、CDLのクールな切れ者、m-mくんに連絡。彼はBBさんとは、CDLを介してではないけどお互い知っている、というようなことを僕は聞いていた。「そうですか。27日、今日なら都合つきます。」というあいかわらずのクールな回答。またまたほっとした。

 というわけで、この緊急アポイントメントに対して2人も確保できたら万々歳と、ようやく余裕ができた僕は、丸子さんに再度連絡。「何かあたたまる料理でも企画しといて。」
丸子さんは「わかりました。やってみます。」とのこと。

 そして日が暮れて、夕刻。思った通り、待ち合わせ場所に10分遅刻したBBさんを連れて若杉荘へ。1階ではあくせく鍋の料理をする丸子さんと、こたつに座してクールに朝日新聞社会欄を通読するm-mくん。ここは12/10に地区ビデオコンテストメイン会場だった場所だ。若杉荘は初めてだったBBさんもすぐに馴染んでくれたよう。なんだかようやく落ち着いて、鍋をかこんで、いろんな話しで盛り上がる。鍋の湯気で部屋はほんのりかすみ、みんなの家のような面持ちに変化していた。

 クールなのに感傷的なm-mくん。「今年は、いろんなことがあった激動の年でした、、長い一年でした、、。」僕も「いろんなことがあったなあ」と彼の感傷波動にやられてしまった。
よく考えれば丸子さんも、今年からいきなり、若杉荘の管理人を申し出て、ここをずっと守ってきたのだ。みんないろいろあったけど、そんないろんなことを包む場所がこうしてあって、良かったと思った。卒業しても全然かわらず、そして遊びに来てくれたBBさんを見るにつけてさらにその思いを強くした。

 飲みたいだけ酒をあおり、そのまま雑魚寝。なんだかんだいって、よい年だったような気がしている。ここがあって良かった。みんなの故郷、若杉荘。

 


posted by zukan at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
zukanさん、丸子さん、そして久しぶりのBBさん、楽しかったですね、若杉鍋の会。やぱり拠点っていいですなあ。年末はわけもなく感傷的になってしまいますが、やっぱ訳があって感傷的だったりもして、みんなで鍋を囲むと心が温まる想いでした。またいつかやりましょう、若杉鍋。
Posted by m_m at 2005年12月29日 21:23
若杉鍋の会、本当に楽しかったです。突然の要望にも関わらずお集まりいただき、鍋の準備まで・・、zukanさん、丸子さん、m_mくん本当にありがとうございました。若杉荘に来てCDLが少しずつ変化しながら進化しているのを実感しました。ホームページもすんごい活発ですね。私は遠くから応援するぐらいしかできませんが、楽しみながら見守っております。みんなを包んでくれる若杉荘でまた集まりたいですね。
Posted by BB at 2005年12月31日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。