2006年03月03日

にぎやかあとの、燃え尽き気味だった編集会議。

 先のrenjoeさんの投稿で、にぎやかだった真相が明らかにされた編集会議。そうだったんですね。そしてその、にぎやかだった後に間が悪く登場した人物がいたといいます。

 彼が入ってきた時は、確かに、お酒のにおい、香しいキムチの薫りが。「おおっ素晴らしい」と思ったら、キムチは空っぽで、編集委員のみなさんは、ほろ酔い気分。華やかさの残滓だけが漂っておりました。そして「ああ、今日も編集、無事終わったぜ。」というやりとげた感が皆の顔にありあり。その間の悪い彼こそ僕、ZUKANなのでした。

 こんな時に記事のお話するのもいかがなものかと、変に遠慮しながらも「境界論の射程」の打ち合わせを編集長に持ちかける。編集長のノートパソコンまでがほろ酔いなのか、幾度もフリーズ。その間に、ノリノリの女性陣は飲み屋にくりだして消えてしまいました。

 まあ、僕にとっては少々ほろにがい、編集会議だったのですが、打ち合わせはスムーズに進みました。ありがとう。ほろ酔い編集長。

 さて、僕の編集作業は、mittanと共同の、「山」の記事を書き上げると脱稿できるまでになりました。

 今回は特集が(僕の専門ともいえる)「境界」ということで、それに絡む記事が12〜3ページくらい、そして毎号担当の図鑑が8ページ、という、とても、とても大量の記事を抱えていたので、一時、「とても無理だ。それゆえ、書き置きして、境界からあの世へと逝こう」と思ったほどでした。

 執筆最速王は無理だとしても、最遅王は免れそうな6号。良かった良かった。おっと、その前に「山」の記事頑張ります。

 


posted by zukan at 08:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
zukanさん、全部食べちゃってごめんなさい。
また今度、持って行きます。若杉荘でキムチ鍋でもいかがですか?火を加えるとまた全然違う旨みが出ます。
飲み屋、実は閉まってたんです。雨で暇だったんでしょうかねー。mittanを連れて行かないとなんだか心残りです。電気の付いていないあの路地っぽい空間を見て、「コワイ」と言っていたし、なんだかますます入り難い場所と思われてしまった気がします。いいところですよー!
Posted by ren_joe at 2006年03月03日 14:47
ren_joeさん、飲み屋、閉まっていたの残念でした…。雨で暇とかありですか(笑)ちょっとコワイ雰囲気をかもし出していましたがあの堤燈と看板にあかりが燈ればきっと入りたくてしょうがないところになると思います♪また今度☆でも、代わりに行った定食屋さんが美味しかったし、楽しかったです。
zukanさん忙しい中駆けつけたのに残念でしたね。私はギリギリセーフでした。あの世へ旅立たれなくて良かった♪私の担当かなり手伝ってもらって本当に感謝しています。今度は一緒に噂の飲み屋に行きましょう。
Posted by mittan at 2006年03月03日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。