2006年03月22日

山地図ひと段落

 月曜日、編集会議に境界特集の「池」の修正と「山」のスポットコメントを持って拠点、若杉荘に向かいました。丸子さんとQ編集長がパソコンで作業中、カタカタとキーボードを叩く音のする静かな部屋におそるおそる入り編集長と記事の相談。たくさんのアドバイスをもらってようやく文章はほぼ完成となりました。ホッと一安心です。

 「山」の記事では、地道に進めた東山のプロット地図と一緒に東山の不思議スポットをコメント付きで紹介しています。不思議と言うよりも強烈な場所が東山には隠れています。ずいぶん前にブログにも書いた「廃神社」もありますよ。出来上がったげのむを読んで、もし訪ねてみたくなれば探しに行ってください。

 ここでちょっと昔話。げのむ6号編集が始まった去年の夏頃、編集会議の帰りに市バスに乗っていると、前の椅子に座っている外国人の女性ががさごそ・・・。『なんだろう』と思っていると、私に向かって「Can you speak english ?」と話されて、思わず「アッ、リトル!」と答えると、それからが英語の嵐。慌てふためくも夜のバスに乗客はおらず、頼る人もいない・・・。とにかく必死に聞いてみると断片的にギオン、ローソン、baggage、foget、helpなどの単語。しばらく話を聞いて「バス停に忘れ物をしたので助けて欲しい」という内容が理解できたものの、走り続けるバス。「ゴートゥギャザー」と言ってバスを一緒に降り、乗り直して忘れ物をとりに行く事に。バス停に着くとベンチの下に荷物がありました。その人も大喜びで私もホッと一安心。バスで京都駅へ一緒に帰りました。カメラなどが入った大事な荷物であってよかった、ありがとうと英語でお礼を言われ、京都駅で別れました。とても焦って慌てふためきましたが、いいことをしたなと思います。なかなかそんな出会いって無いですよね。月曜の編集会議の帰り、バスに乗っていると思い出しました。それにしても自分の英語力の無さはどうしようもない。焦っていたからであって欲しいです。
posted by mittan at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。