2006年04月27日

京都CDL5年と僕。建築の立場から。

 2001年4月26日の記念シンポジウムを皮切りとして発足した京都CDL。今が2006年4月27日。ちょうど5年が経ってしまった。僕は立ち上げ時からメインで関わっていたから正味6年くらい京都CDLとともにいたことになる。別にそんな個人的センチメンタルな旅におつき合い(道連れ?)願いたいわけではない。たが、6年携わってきて改めて思うことがあるので、発足5周年記念として一文書きしたためてみたい。

 「京都CDLは京都に関心があるさまざまな大学研究室が多様な視点から、、」このフレーズを今まで何回口にしたかわからない。立場上仕方ないのだが。この何とも魅惑的な「さまざま」「多様」は実は間違うと非常にヤバイ言葉なのだ。

 確かにいろいろな人が交わってそれぞれの考えを披露しあい、自分を相対化しながら研鑽していくのは間違いなく魅力ある行為である。だが、それが実り多いものとなるための絶対的条件がある。それは個々が自分が身のおく立場(専門分野)からの明確な視点をもちえていることである。「多様」という蜜のような言葉の影でこの前提が忘却されていることが非常に多い。

 げのむ1号と2号の企画編集や記事執筆をともに行ったH氏という人がいた。
彼は自分にはまるで縁のない産業社会学部の人であった。当時、大きな反響をよんだ京都の価値を金額換算する特集「京都まるごと How much」をものした人だ。彼とはよく飲む機会にも恵まれて、こんな質問を受けたことがあった「建築って、実はよくわからん分野なんやけど、どういう観点から思考するの?」

 ドキッとしたと同時にピンときた。これが「いろんな」人間が集まる意味なんだと。そしてこのような瞬間に立ち会えて、CDLをやって良かったとようやく実感したのだ。個々が明確に自分の思考の在り方を示さないとそもそも集まる意味なんてないのだ。そうでないと「なんとなくいろんなことやってみたい、集まっていたい」症候群に陥いって軟弱な「サロンもどき」になるのが関の山なのだ。

 H氏の質問に対する僕の解答の具体的な言葉は忘れてしまったが、当時と意識は変わっていないので、その意識とともに僕がCDLに関わってきて考えてきたことを僕が常に身をおく建築の立場から改めて記述したい。僕の立場は学生のまとめ役であるにしても、その前に1個人なのだから。

 京都CDLで、よく誤解されるのは、単なる「京都の端っこ好き」ということである。「京都はまん中ばっかり着目されるので端っこを攻めて独自性でも出そうぜ」なんていう捉えられ方である。実際に「端にある面白いもの」「珍奇なる風景」を頻繁に「げのむ」などでレポートしているので、そんな見られ方も仕方ないだろう。また「京都ブランド」の利用法としては上手い手でもある(「ブランドの反転」=結局は「ブランド依存」なのだ)。

 ただ5年もそんな馬鹿げた活動に時間を費やすほど暇ではない。先の芳雄氏のブログにもあったが、いま編集大詰めの「げのむ6号」の特集は、京都の境界だ。ここで重要なのは周縁でなく境界ということである。境界とは、水平な日常世界の背後にある、別な世界(異界)との垂直な交流を可能にする場所である。京都にはこのような場所が古来から沢山あった。しかも都市生活の積層の結果、たまさかあらわれたものだけではなく、京都初期設定の平安京計画時から意図して仕組まれたと考えられる境界もあるのである。これは一つの「推論の構築」であって真実と一致するかどうかはわからない。(史実も一つの選択であり、真実とは違う)。たが、これが僕が身をおく立場=建築からの視点なのである。

 京都の端には、現在でも非常に個性溢れる面白いものがある。それは都市経験として本当に魅惑的だ。このことは都市現象として皆と普通に共有できよう(好き嫌いはあるにしても)。だが、何故それらが生起するのだろう。その断片の収集から何を見い出すことができるのだろうか。断片として散らばる面白い風景を生産する機構を見つけだす。それも社会条件から検証するのではなく、空間の構成や組織といったフィジカルな観点から考察し、一つの大きな全体を構築するー構造を導きだす−。このようにバラバラなものをつなぎ合わせ一つの世界を空間的観点から構築する作業。これが建築なのだと常々考えている。そのためのキーワードが境界なのだ。

 平安初期の天皇が執拗に出かけて神と交信したという境界としての「野」、平安京を帯状にとりまく計画的空白地帯。秀吉が建造した都市に見えかくれする境界の設定。それらが背後で糸を引きながら生み出された近現代の迷宮都市。単なる周縁という言葉では、これらが1本の道筋の中で構築されなかったであろう。

 現代京都の断片的現象を起点に、境界という言葉を軸にして、古代からの空間構成を検証することで、全体を描き出すことを諦めなかったのは、僕が建築という立場を捨てなかったことだけによる。ひとつの具体的な建築物を計画して立ち上げるのも、ある観念をまとめあげるのも僕は同じ構築的手続きを踏んでいる。

 H氏に表明したのも、こんなような話しだったと思う。そしてそれなりに納得してもらえたと記憶している。それと同時に異分野であったH氏の話や思考法にはその後もいつも刺激を受けていた。彼も少なからずそうであったと思う。そして、こういう場としての京都CDLが在ることは非常に嬉しいことだと感じていた。この場を保持するとともに、僕自身は個人として建築的思考をより深めていこうと常につとめてきた。そして5年。現在も変わらぬ思いで京都CDLにいる。


おまけ。
 「モノ」であれ、観念であれ、断片に空間的組成を与え組み上げ構築していくこと。そしてそれができることが建築の職能だと考えてきた。ギリシア時代から建築は「原理を知るひとが行使する術」だったらしく、そう在りたいとも願っている。

 だが、ここ数年、新手の職業が勃発しているようだ。目に入るあるいは耳にするオシャレな語句や断片をまるで構築せずなんとなく気分で陳列するのを得意技とする職種である。しかも全く構築的でないにもかかわらず、ある種のムード(「京都らしい」とかと良く似ている)だけは醸しているという手練だ。

 非構築的な建築もそれが構築的手法や自覚的方法の末にあらわれるのであれば、それは完全な建築なのであるが、この職種の場合は無自覚な非構築(単なる陳列)なので、思わず感動してしまう。何と言う名前の職業かわからないので思わずたずねてみると「建築関係です」とのこと。頭がよく回らない僕は混乱してしまってもう大変。ややこしいから彼等の職能に見合った格好よい職業名を考えてみた。

例えば、「ちんれつ家」(←ひらがなでやわらかい雰囲気)か、洋風にいうなら「Ch-in-lezu.ca」(語源とかまるで関係ない分節だがムードだけはある)などはいかがだろう。「ちんれつ家」(仮称)は、そのムードだけで生けていけるそれはそれは見事な職業なのだ。「ちんれつ家の秘密」なる本でも出版していただけたら、それを愛読書にして秘訣を身につけて格好よく生きれちゃうのだが、、、。でも、僕にはとてもとても難しそうだ。というわけで、僕はあまりに古典的だが建築家であり続けようと思っている。余談御免。


posted by zukan at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。