2006年06月14日

満を持して完成!「京都げのむ」第6号

NO6.jpg
↑ブルーが眩しい6号の表紙。完成が延びた結果、期せずして初夏にふさわしいものに…

久々のというか、登場自体が2回目くらいの編集長です(汗)。しかし2回目にして、この報告。今月上旬、「京都げのむ」第6号が、長い長い編集作業の果てに、やっとようやくついに、完成しました!
しかし、書店に並ぶのはもう少し後になりますので、それまでの間、編集長であるにもかかわらず書き込みをさぼり続けた罪滅ぼし(?)に、少しずつ6号の内容紹介をできればと考えています。

まずはコンテンツ一覧から。


京都げのむ No.6 「みやこきわめぐり」

■巻頭論考─東アジアそして日本のなかで、京都を「よむ」 (文・応地利明)

■特集─みやこきわめぐり《京都境界巡行》
【巻頭グラビア】
 境界曼荼羅
【きわめぐる地形編】
 山─山麓に蠢くモノたち:東山
 川─河原新時代の胎動:桂川
 池─切なき境界の宿命:巨椋池
【きわめぐる都市編】
 御土居─近世京都の都市境界
 住宅─都市居住の臨界点
 道─地形三重奏の裂け目
 居住者─境界線上で見る夢
 地蔵─境界守護神の変転
【論考】
 京都境界論の射程 (文・渡辺菊眞)
【コラム】
 京の輪郭を描く点 「七口」
 異界への中間領域 「野」

■京都CDL活動報告─CDL 2005 Annual
 クロニクル+事務局日誌
[シンポジウムレビュー]僕の写真作法とエアポケットの危機(写真+文・甲斐扶佐義)
[京都断面調査]京都境界巡行レビュー&座談会
[ワークショップ]ミテキテツクッテ《粟田学区編》
[地区ビデオコンテスト]京都遊歩者─見慣れた街を見知らぬように

■連載─京都熱視線
[通りゃせん]水没注意!! 東一口集落
[人体京都細密検査]西陣スタイル〜伝統的空間と防災の共存するまちづくり
[復活アンケート企画]怖い京都
[新連載]京都音楽風景
[インタビュー・京都私的探求]三条大橋托鉢僧・インド料理スジャータ店主
[京都メカニズム]意匠について
[京都データベース]墓地

■巻末図鑑
[D の図鑑 13]京都便所日和 ─後編─


posted by Q at 19:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 6号紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京都げのむ6号 ついに発刊!
Excerpt: ↑ブルーが眩しい6号の表紙。完成が遅れた結果、期せずして初夏にふさわしいものに… 今月上旬「京都げのむ」第6号が、長い長い編集作業の果てに、やっとようやくついにとうとう満を持して、完成しました。 限..
Weblog: 神楽岡工作公司 > JOURNAL
Tracked: 2006-06-21 11:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。