2006年06月27日

きわめぐる都市編「道」

「道の形」というのは都市の成り立ちを探る上で、最も入手しやすく、かつ情報量の豊富な材料である。都市空間分析の「いろは」の「い」は街路形態にあるといってもよい。
京都中心部の碁盤の目状街路のルーツが古代中国の条坊制にあるという話は小学生でも知っている。ではでは、京都の周縁・境界領域に見られる、起伏に富み紆余曲折した異形の街路網は如何にして誕生し、そこから何を読み取ることができるのであろうか?
(当初これらの道を「境界の道」=「きわの道」→「極道」として話をつくろうと試みたが、よくよく考えると意味不明なネーミングのため没になった)

michi.jpg


●『きわめぐる都市編「道」─地形三重奏の裂け目』より:
(文・図:中川雄輔 全3頁)

 「京都の道」と聞いて、思い浮かぶのはどんな道だろうか。格子状に走る雅やかなる大通り、その裏のしっとりした路地に舞妓さんがはんなりと…いやいや、それは京都の道の表の顔である。中心部から一歩足を踏み出せば、「これが京都?」と唸らされる不思議な道たちが、実はたくさん潜んでいる。
 平安京では山・川・野といった自然地形が都市を囲む境界領域を形成していた。しかし近代以降、京都の街はその禁断の領域に踏み行りつつ拡がってきた。そして、河川改修・道路拡幅・鉄道敷設などの人工的地形変化と、中心から外に外に浸食していく宅地化は、既存の地形と重なり合うことで、数多の異形の道々を街の中に産み落としたのである。以下、京都の中心部では決して見ることのできない、「きわの道」をいくつか紹介したい。

034_michi.gif ←紙屋川立体街路 [p.34]


posted by Q at 01:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 6号紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真も紙面割りも秀逸で感心しました。
Posted by 編子 at 2006年08月21日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。