2006年09月04日

小京都の迷走町家図鑑02

こんにちは/おはようございます/こんばんは。(←時間に応じて適宜選択してください)さて、頼まれてもいないのですが、「小京都の迷走町家図鑑」早速、第2段を御報告します。

 まずはおさらいとして、角館町家の典型的特徴三ヶ条から。

1、切妻屋根
2、妻入り(ちなみに京都は平入り)
3、前面にとりつく片流れの下屋(冬場のアーケードになり「こもせ」という)

 では、この典型例で、前回紹介したものと違ったやつを下に示します。

jyunsui-machiya2.jpg

 これもかろうじて見つけた典型町家のうちのひとつです。しかもこれは空家ではなくバリバリの現役です。頼もしい限りです。

 さて、これでじゅうぶんおさらいできたので今回の本題に入りたいと思います。第2回目ということで、今回は応用編(?)です。

modern+machiyageya.jpg

 前回、モダン町家を紹介しましたが、上のものはコンクリートモダン部分の主張を限り無くおさえて、あたかも「単なる壁」のごときに振る舞っています。その下部には町家型のサイン、すなわち「木造真壁で切妻」な下屋をぺったり張り付けてます。これなら後ろのコンクリートに気付かず、平家の純粋な町家として、じゅうぶん、、、全然通用しません。すごく気付きます。後ろのコンクリート部分。

3ren-chyuomachiya.jpg

 さて、お次はこちら。おおっ!また典型的な町家発見か!「木造真壁の切妻に片流れの下屋」ばっちり。しかしその両側隣をよく見ると、、。実はこれ平入の3軒長家のまん中だけが当地の町家型になっているとっても奇妙な代物なんです。切妻が先か、平入の長家が先か、う〜ん。切妻三連長家は無理やしなあ、、。

chokkaku-kirizuma.jpg

 「平入の助けを借りるなんざ言語道断だぜ」的なやつが上。なんと短辺方向の切妻だけでなく、側面全面にも強引に切妻を張り付けてあり、しかも片流れの下屋までつくっちゃってます。直角両面切妻野郎!!恐るべしです。

koseimukidasi.jpg

 普通にいけば棟で折れ曲がり穏当な平入の家になるはずなのに、鋭角的、雪崩的に折れ曲がる真っ赤な鉄板がズドーン。真っ赤な鉄板!ああなんて情熱的、、。でもすごくかっこわるい。個性が全速力で空振りした感じ。でも
片流れの下屋がなんだか真面目で憎めない。

 sekizo-machiya.jpg

 同じ個性派でも、こいつはすごい。完全な石造建築で母屋を構成。
造形的な観点からいうと「切妻妻入」とは、建築個体の強さを正面性に託して表明するものです。逆に「切妻平入」は周囲との連続性と、それによる水平的な風景を目指すもの。妻入の出雲大社と平入の伊勢神宮を思い浮かべたら納得できると思います。その観点から見るとこの町家は妻入という正面性の強さを石造形で見事に表明しているといえます。石で忠実に木造の切妻型を模造しても意味ないですが、石ならではの造形で個性溢れる強い正面性を形成することは逆に当地の造形感覚にフィットするように思われます。本当にお見事!しかもちゃんと片流れの下屋もよい感じでついてるし。

 というわけで、第2段はここらへんでおしまいにしたいと思います。次回は早くも(早くないよ、いい加減おわってくれ!という怒声は無視して)最終回です。近々アップしますので、また御覧いただけたら幸いです。では、また。


posted by zukan at 18:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石造町家、本気ですねぇ。一瞬インドの写真かと思いました。
中身が結納品?とか雑貨とかごちゃごちゃなのも何とも。
Posted by q at 2006年09月07日 09:50
連載「小京都の迷走町家図鑑」いつも楽しみにしておりました。ヘロヘロになってホテルに帰ってCDLのHPを開く・・・ジョグジャカルタ生活での心の拠り所だったのですが、次回でおしまい。あぁ、明日からの楽しみないや。
Posted by hanuman at 2006年09月09日 10:46
hanumanさん、遠い遠い異国の地から、頻々のアクセスとコメントありがとうございます。次回で最終回ではありますが、もうすぐCDL秋の部が本格始動しますので、ぞくぞくとブログアップはされていきます。常夏の国の夜の楽しみはまだまだ終わりません。乞う御期待ください。
Posted by zukan at 2006年09月11日 14:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。