2006年09月13日

小京都の迷走町家図鑑-最終回-

 少し間があいてしまいましたが、いよいよ最終回です。前回は応用編ということで、よくも悪くも創意工夫の見られた町家を紹介しました。

 最終回は、角館の町家の今後の行方を考えてみる、そんな回にしようかと思います。

 では恒例のおさらいです。角館町家の典型的特徴三ヶ条です。

1、切妻屋根
2、妻入り(ちなみに京都は平入り)
3、前面にとりつく片流れの下屋(冬場のアーケードになり「こもせ」という)

 思い出してもらえたでしょうか?今回の典型例は故人(なんじゃそりゃ)です。

sincho.jpg

 これは有名な新潮社の創始者生家です。残念ながら今はありません。ここで注目してもらいたいのが前面の下屋です。完全にアーケード化して左右へどんどん伸びてるのがわかります。これこそ「こもせ」という冬場アーケードの本来の在り方を示す貴重なお写真です。それにしても角館の町家は2階部分の「建ち」が妙に高いのが気にかかります(要はえらく寸胴で短足)。

 さてお次ぎはこれ。

goike.jpg

 平家だけど、すっごく豪邸です。そう、これは角館町家の中で最も有名な「五井家」です。こんな立派なものを何故、今になって紹介するんだということですが、実はこの家、僕が曵家した町家と同じ通りに面しているために「軒切り」しなきゃならない運命となり、ほん最近その工事が完了したところです。「軒切り」とは文字通り建物の軒をあるラインでズバッと切断した後、形を整える方法です。今回のような緊急事態に対する処置として「曵家」と「軒切り」は2大対処法といえます。

 それはそうと角館の町家が寸胴短足な理由は、町家の元来の型である平家を、そのプロポーションのまま変更せず2階に持ち上げて、その下部に何らの調整なく下屋をつけた結果なのではと推測できます。プロポーション調整せず、そのまま上にあげてしまうなんて、さすが東北。太っ腹(?)

 ではここから今回の本題です。先に前面道路拡幅という事態に対して「曵家」と「軒切り」という対処法と、その具体例を示しました。では、今回の拡幅工事に際して、この通りに面する全ての家が、その二つの方法で対処したのでしょうか?いきなりですが回答を言うと「ノー」です。例にあげた二軒以外は全て解体、新築しました。

 「新築ってどんなの建てたのだろう?」ほらほら興味がつきません。それでは、新築さんを見ていきたいと思います。

machiya-fu.jpg

 手始めにこんなやつ。下屋が変則的(下屋というよりは1階寄せ棟に2階がつくという感じ)ではありますが、なんとか三箇条に近いものとなってます。切り妻部分も真壁やし、、、うーん何だか変。そりゃそのはず、この真壁は見せかけであとでそれらしく張り付けた単なる外装なのです。力を受けない梁型には、当たり前ですが部材の力動感ゼロです。仕方ないけど哀しい。

rikuyane-machiya.jpg

 お次はこれ。「要するに真壁っぽくしてたら町家的で、景観っぽいやろ。文句あんのか(東北弁に変換してください)」という迫力を感じてしまいます。なにがおかしゅうて豪雪地帯に陸屋根採用するのかわからないですが、おそらくはモダンへの憧れでしょう。憧れのモダンって何?って感じですがまああまりそこにはつっこまないでおきましょう。しかし箱型だけでは落ち着かないのか下方に「切り妻町家型」がぺったり。今後はこんなのが主流になるのかしれません(やめて欲しい)。

ironomi-kura.jpg

 次はこれ。「モダンやるなら抽象度アップと平滑にいかなきゃ」というクールな感じのもの。でも色だけは何だか町家的です。「いろのみ町家」と名付けましょう。今後はこんなのが一世を風靡するのかもしれません(すごくやめて欲しい)。

ironomi-machiya.jpg

 そしてこれ。よりモダン。でも隅部の縁取りがちょっぴり町家的です。「隅だけモダン」と名付けましょう。今後はこんなのが町をすべて埋めてしまうのかもしれません(頼むからやめて欲しい)。

universal.jpg

 最後はこれです。「どこにでもある普通の家やん」って感じです。というか、「感じ」ではなく本当に日本全国どこでもある住宅です。そう、「どうせ町家で在り続けられないなら、偽装しても仕方ないやん」というごもっともな意見が聞こえてきそうです。ほとんどゲームと化した町家偽装に疲れたのか、この手の住宅が少しずつ増えてきています。このタイプの家こそ、日本国内では本当にどこにでも建つ「ユニバーサルな戸建て住宅」です。見た目とかではなく、その「ユニバーサル」な意味においては、これこそがわが国のモダニズム様式なのかもしれません。「どこであっても等しく展開可能な均質な建築」だからです。

 さて、最終回というのとは別な意味で少し寂しい気持ちになっちゃいましたね。回の構成ミスかもしれません。すみません。

 ただ、ある「型」が惰性になってしまい、そのうち「型」への意識が表面への意識に転じ、最終的に「色あわせゲーム」と化していくのは、小京都だけでなく、京都自体、そして多くの他の都市でも見られる問題です。

 家に住み、家ととも都市に在り、とても個人的なよろこびに満ちているのに、新たな都市空間を誘導し、新たな「型」生み出すような家。そんな家が在る風景を強く願いますが、それを獲得するのはそんな簡単なことではないようです。迷走する角館の町家図鑑を作成してそんなことを想ってます。

 では、これにておしまい。またいつか、どこかで、御会いできたら嬉しいです(っていうかどっかにいくんかい。ちゃんとCDLの仕事しろよ!独りで自戒)。



posted by zukan at 20:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三回にわたる連載、面白く読ませていただきました。自分の知らない所の住宅様式を見ることができて非常に参考になりました。
東北は行ったことがないのですが、是非角館に行って、今回紹介された家々を見て回りたいものです。
他の東北の住宅はどのようなものなのでしょう?ちょっと気になりました。
Posted by hida at 2006年09月13日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。