2006年12月11日

地区ビデオコンテストにおもうこと。

 去る2006年12月9日に、第6回地区ビデオコンテストが開催、盛会のうちに無事閉幕した。

 地区ビデオコンテスト、実はこれ、CDL発足時から活動として組み込まれてた企画ではなかったものだ。CDLでは、まちを調査して記録して、それをもとに何らかの提案をして、パネル化したものを材料にメンバーが競いあうというのが、基本活動であり、それゆえ、とかく初年度は調査調査したノリで、正直いうとしんどかった(それをみなに強要するのも含めて)。そして事実しんどい空気が蔓延しつつあったのだ。

 「こりゃいかん」って思い、何となく、こんな発言をした。「パネル面倒くさいから、僕はビデオでもとろっかな」この発言、思わぬ反響を呼んだ。「ビデオいいねぇー」と立命館のH田さん。「僕ら、本当にとりますよ」と市立芸術大学のF井くん。おっ、こんなにノリノリなのは運営会議史上初めて!ということでコンテスト開催になったのだ。僕がビデオとか作るの好きなのも勿論あったけど。そしていざ大会開催すると、とてもとても面白く、わくわくできる表現領野であることがわかったのだ。都市風景描写や記録する意味においても。

 さて、出だしはよかったのだが、このあと全く順調でなかった。以前にも書いたが、映像をみんなで見る楽しみが、内輪うけ(しかしない)の映像制作のみに傾斜したり、風景描写を全く忘れて徒にパソコン編集にコリコリになっちゃったり。あげくに企画のメジャー化(最初は「あなぐら」みたいなところでひっそり開催していた地下企画だったのだ)にともない、変に「まちづくり」を意識した優等生的(小学校の道徳の時間みたい!)作品が、どんどん生産されたり、、、、。ここらへんのくだりは「京都げのむ」1号〜6号まで通読してもらえるとほんと、よくわかります。

 そして、紆余曲折を経て、ようやく昨年の第5回目にしておぼろげながら、地区ビデオの本質みたいなものが見えはじめ、今回に至ったのであった。結局、風景の発見性とは「見慣れたまちを、見知らぬようにみる、見知らぬまちを、見慣れたようにみる」という視点から獲得できるものなのではないか?この思いが、「見慣れたまちを見知らぬように」という昨年の大会のテーマを決定させた、しかも今年もそれを継続させた理由なのであった。

 さて、今年度である。今年は12本の作品が集まり、内容も昨年よりもバラエティに富むものであった。ただ、それらの作品群のお話をする前に、今回の大会で特筆すべきことは、初めてプロの映像作家、唐津正樹さんに作品を見ていただけたこと、そしてそのプロの作品をナマで見ることができたことであった(唐津さん、本当にありがとうございました)。

 プロの作品は、当たり前だが、僕たち素人のそれとはまるで違っていた。
技術と思いが一体化してなおかつ飛躍できるのがプロなんだと感じいってしまった。その作品「喧噪のあと」では、日常と非日常的事象が絶妙な絡みあいを見せながら淡々と時間は進み、ほんの一時、暗喩的にモヒカン山が映る。しかしモヒカン山が暗喩するものは隠されたままであり、にもかかわらず(そのせいかもしれないが)モヒカン山とその背後にある何ものかが僕の脳随を侵食してくるのだ!そしていつしか物語りは終わっていくのである。

 風景描写とは風景を主に撮れば、描写されるものではないことを知ったし、風景をたとえ撮り続けてたにしてもその表層を超えるものがある瞬間に跳躍して迫ってくるものでなければならないんだと痛感した。

 さて、僕個人はというと、物語と背景に映る風景のズレが、もうひとつの風景を生み出してはくれないかと思い制作した。それはある程度までは達成できたけど、その二つの間のズレのさらに向こうに、もっと遠くにある世界の風景物語が密かに展開できるような、そんなものにはならなかった。「多重なる世界」を描き出せるには、いろんな意味で力不足だった。

 会が終わり懇親会で、それぞれに達成できたこととできなかったことを語り続け、その後さらに戦い済んだ、上映会場:若杉荘で、運営委員メンバーが再度、当日集まった作品や、過去の作品を何度も何度も見ては、今からこそが戦いみたいなテンションで互いの作品や自身の作品のこと、そして今後撮りたいものなどを朝まで語り明かした(なんて、あつくて、コイ会であったことか)。

 僕たちは、全然プロではない。そんな僕たちができることは、まず何よりも撮る対象に、しつこく、しぶとく迫ることだ、、、ってのが僕の持論なんだけど、その僕自身がこれを十全に果たしているとはいいがたい。そしてこの持論は単なる持論でなくおそらくみんなにとっても絶対必要なことなんじゃないかと思っている。じゅうぶんに風景を描写できなかったことのくやしさは、編集の稚拙のくやしさではなく、場所との向き合いの中途半端さに起因するんだ、と思う。

 あの夜の「あつさ」を忘れないためにも今度こそ、ビデオリベンジ大会実施しよう。昨年結局せぇへんかったやんけという猛烈な反省もあるし。みんなもう、臨戦体制だよね?っということでCDL忘年会はビデオリベンジ大会とシャレ込み(?)たいもんです。

 12本の作品を、当方に送ってくれたみなさま、コメントいただいた先生方、作品鑑賞に集まっていただいたみなさま、そして唐津さん、本当にありがとうございました。そして準備や当日の設営に尽力してくれた運営委員のみなさまも、本当にお疲れさまでした。すべてのことに深く感謝しています。



 

 

 



posted by zukan at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
運営委員のみなさまお疲れ様です。

ビデオコンテストとても楽しく面白く拝見させて頂きました。去年来れなかったので、この日がどんなに待ち遠しかったことか。

私が現役の頃は、恥ずかしながらビデオを撮ることはしませんでした。
でも、今回の作品や過去の印象的な作品を観るにつけ、作者の熱意を感じてそれに触発されて自分も何か作りたい、という気にさせられました。(今回は出演という形で参加しましたが)

1,5回目以外は全部観てきましたが、やっと地区ビデオとはどういうものか、どうあるべきかが分かってきた気がします。表現することの難しさも。

懇親会後の若杉荘での熱い論議にも参加させて頂き、有意義な時間を過ごすことができました。

作ることへの情熱に溢れた皆さんは本当に素敵だと思います。

また何かあった時は是非参加させていただきます。
ありがとうございました。
Posted by hida at 2006年12月11日 21:36
hidaさん
地区ビデオコンテスト遠いところはるばるお越しくださり有難うございました。そしてブログ愛読有難うございます。熱い論議のおかげで私も作りたい力が湧きました。凹んだりやる気が出たり、気持ちの起伏が激しい夜でした。

けれど、地区ビデオコンテストが無事終了して、次の日くらいにポッカリ穴が開いたような気持ちになってしまいました。ミテキテツクッテと地区ビデオコンテストが(ビデオ制作や準備を含めて)わりと近く、長い間続けてやってきたものがぷつりと切れたみたいになって…。ちょっぴり寂しくなるのもきっとミテキテとビデコンがよい大会になった証拠かなと思っています。

hidaさん、これからもよろしくお願いします。
Posted by mittan at 2006年12月17日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。