2006年12月16日

地区ビデオコンテスト

 地区ビデオコンテストの内容はzukanさんがとても詳しく書いておられますので、私は準備での個人的な想いを書きたいと思います。

 地区ビデオコンテストの前日準備のために若杉荘へ行ったとき、気が重くなってしまいました・・・。
それは上映会場となる部屋の中のモノたち。普段、編集会議に使われる部屋には巨大な机、椅子、パソコン、プリンタ、資料、その他沢山のものがぎっしりで、「ちょっと無理じゃないですか!?」と思ってしまうくらいだったんです。処分できるものは処分して、他の部屋に移動させたり、庭に机を積んだりと片付けをして9日の状態になりました。

それから1階と2階の同時上映、プラス双方向通信が可能になりました。
 去年は1階のビデオカメラから2階にも1階の様子が映像で見える。けれど逆の2階の様子は分からず…。通信は電話の親機と子機で声のみという不思議な環境でした。電話で司会の人が「もしもし。」と話すのが面白くて味があってよかったですけれど(笑)1階で見ていたある人は「2階からの電話が天の声のようだった」と言ってました。
 参加されていた方はよく分かってもらえると思いますが今年は1階と2階両方にカメラが設置され、反対の部屋の様子がスクリーンに映しだすことになったんです。でも準備段階での双方向通信は、部屋に人が一人だったせいでテレビ電話というより覗き見しているような…、不思議と不気味が隣り合わせでした。でも、当日たくさんの方が来られたおかげでその問題は解決しました。双方向通信はいかがでしたか?

当の地区ビデオコンテストはいろんな視点の作品で見ていてとてもわくわくしました。寸評でのビデオ撮影時にはカメラが変なモードに切り替わって映像が映らなくなって…、アタフタしてしまい不慣れで申し訳ないです。そんなことはおいて、個人的な問題でドタバタしていましたが、最後の地区ビデオコンテストに自分も作品を出してかつ参加できてよかったなとおもいます。(作ろうかどうか、結構グダグダしていたので…。)作ったものに反省点などいろいろありますけれど、それが見えたのも作ったおかげで、映像として見るだけじゃなくて、いろんな人の作品を見て感じ取ったものが自分にとってとても力になりました。よい地区ビデオコンテストでした。
posted by mittan at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。